猫の病気ブログ

2013年5月22日 水曜日

ご飯の話 今のご飯をチェックしてみましょう

わんちゃんや、ねこちゃんはとっても食べることが大好きです。

ご飯の時間になると喜んで食べてくれる姿を見ることを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?
ついついおいしそうに食べる姿を見て、ご飯の量やおやつの量を多く与え過ぎているとご心配され病院に来られた時に体重を気にされる方がいらっしゃいます。

今回はご飯の話をしましょう。

ご飯の量は体重だけでなく運動量などによっても変わってきます。
体重が増えて肥満を心配される方は、今与えられているフードの袋に記載されている給餌量の目安に従って一日のご飯の量が適当か確かめられることをお勧めします。
表示された量より少なく与えているのに体重が増加する場合は、運動量やご飯以外のおやつの量が関係しているかもしれません。

また表示された量を与えているのに体重が減っていく場合も同じく運動量が関係していることもありますが、その時は何らかの病気が隠れている可能性もあるので、一度診察を受けられることをお勧めします。

体重を減らしたい時は目標体重での表示されている量をあげてみましょう。
表示されている量は1日のご飯の量なので1日2回の食事であれば、その量を2回に分けてあげてください。

ここでご飯の質のお話を少し。

わんちゃんやねこちゃんのご飯には大きく、総合栄養食一般食があることをご存知ですか?

総合栄養食はそのフードとお水だけで十分栄養がとれるご飯です

一般食はそれだけでは栄養的に不十分もしくは過剰に与える可能性があり総合栄養食と一緒に与えるご飯です。
一般食は総合栄養食のトッピングとして利用したり、おやつとして食べさせてあげたりしてください。

一度いつも食べているご飯が総合栄養食かチェックしてみてください

嬉しそうにご飯を食べているのに、量を減らしたりするのは...と思われている方は、低カロリーの総合栄養食がお勧めです。
通常のフードよりカロリーが低いため量としては多く与えられるのでご飯を減らす感覚がなく減量を進めることができます。

次回はおやつについて少しお話をする予定です。



投稿者 千里どうぶつ病院

アクセス


大きな地図で見る

■電話番号
072-737-8511

■住所
大阪府箕面市船場西3-8-8 千里プラザビル1F

■受付時間
【月 ~ 土】9:00~12:00/15:00~19:00
【日・祝日】9:00~14:00
※火曜日は休診日となります。

お問い合わせ 詳しくはこちら