犬の病気ブログ

2013年10月19日 土曜日

ペットドッグのご案内

今回は、ペットドックのご案内をさせてもらいます。

ペットドックとは、家族である動物(ペット)の健康診断のことです。

来院されているときに行っている身体検査に加え、便・尿・血液などの検査を行い健康状態の評価、病気の早期発見に努めるというものです。

<便検査>は、寄生虫感染の有無や腸内の細菌バランス、便に誤って食べた異物や血液が混じってないかなど、詳しく調べます。

<尿検査>は、全身の状態をよく反映するので、便検査とともに健康診断の基本といえます。特に尿石症や腎臓病の発見には欠かせません。

<血液検査>は、各項目の数値によって、貧血していないかなど血液の状態、肝臓や腎臓など各臓器が正常に機能しているかどうか、おおよその推察ができます。病気の早期発見・早期治療が可能になります。

<レントゲン検査>では、胸部、腹部の内臓や関節などを映し出すことで、外からはわかりにくい病気を調べます。

<超音波検査>ではさらに、レントゲン検査で判断しにくい臓器の動きがわかります。たとえば心臓の弁膜の動き、肝臓の病変状態など、臓器の内部の状態が把握できます。


ペットドックは品種や年齢などの状態に応じて、年1~2回の頻度で受けることをおすすめします。

ペットの歳のとり方は人間の4~7倍。

たとえ年1回のペットドックでも、人間に置き換えれば、4年に1回ということを心にとめておいてください。


 

投稿者 千里どうぶつ病院 | 記事URL

2013年9月 6日 金曜日

去勢手術のすすめ②

いつ頃、去勢手術をしたらいいの?

わんちゃんやねこちゃんの性成熟は、種類やその個体によって差があります。

一般的にはわんちゃんで6~12か月、ねこちゃんで9か月とされています。

犬種や体格、発育の程度にもよりますが、できれば性成熟が完了するまでに去勢手術することが望ましいです。

以前は幼い時期に去勢手術を行うと発育不良や行動異常など様々な問題(合併症)が起こると言われていましたが、近年ほとんどの合併症が生じないことが報告されています。

米国ではワクチン終了直後(生後4か月程度)で去勢手術を行う施設も増えてきています。

麻酔が可能であれば、生後6ヶ月ぐらいで去勢手術をすることをお勧めします。
 


 

投稿者 千里どうぶつ病院 | 記事URL

2013年8月 2日 金曜日

去勢手術のすすめ①

どうして、去勢手術した方がいいの?

「去勢手術するなんてかわいそう! 自然のままのほうが・・・」と言われる方がいますが、私たち人間社会で繁殖の機会を与えられないことは本来の姿から考えると「不自然」な状態だと思われませんか?

今回は去勢手術のお話をします。

去勢手術は、精巣(睾丸)を摘出する手術のことです。

獣医学的には手術の一番の目的は男の子の繁殖能力をなくすことです。

次にケンカなどの攻撃性や、オス猫によく見られるスプレー行動などの問題行動の治療目的に行うことが多い手術です。

特にお外に出て行きがちなオス猫にとって、去勢手術を行うことでケンカによるケガやそのケガによるFIV(猫免疫不全ウイルス感染症・猫エイズ)やFeLV(猫白血病ウイルス感染症)への感染の危険性を低くすることができます。

また、精巣から分泌されるホルモンが関係しているとされている、前立腺肥大や肛門周囲に腫瘍ができる病気(肛門周囲腺腫)、お尻が膨らんでくる(会陰ヘルニア)などの治療目的でも手術は行われます。

特に睾丸が外見上1つしかない(停滞精巣)わんちゃんやねこちゃんは、見えていない精巣がお腹の中で腫瘍化しやすく(正常な精巣の13.6倍の発生危険率)、去勢手術は予防の意味が大きい手術となります。

家族の一員としてともに生活するわんちゃんやねこちゃんとって、私たちの生活に適応するため、また精巣から分泌されるホルモンが影響で生じる様々な病気の予防や治療の目的で必要な手術なのです。

投稿者 千里どうぶつ病院 | 記事URL

2013年7月18日 木曜日

熱中症にご注意を。

7月に入り、熱中症が気になる季節になりました。

熱中症は、日射病や熱射病といわれる病気の総称です。

 熱中症にならないためには以下の事に気を付けてください

・飲みたいだけ飲めるよう、水入れのお水は切らさない。
・直射日光が当たる場所や気温(室温)が高い所でのお留守番。
・照り返しが強い道路での日中の散歩は避け、涼しい時間帯に散歩
・気温が高く、直射日光が強い場合には激しい運動や長時間の運動を避ける。


 こんな時は熱中症が疑われます

・ハァーハァーしている呼吸が、じっとしているのにおさまらない
・舌を出したまま、多量のよだれを流している
・足元がふらつく、もしくはぐったりしている
・舌や歯茎の色が悪い

このような症状を認めた時は、すぐに涼しい所に移動させ(場合によっては、体を冷やす処置をしながら)当院へご相談ください

日中でなくてもこのような症状は認めることはあります。
その際は夜間救急病院などにすぐに問い合わせてください


千里どうぶつ病院
 


 

投稿者 千里どうぶつ病院 | 記事URL

2013年6月 1日 土曜日

歯磨き

ワンちゃん・ネコちゃんのお口の中って・・・なかなか見せてくれませんよね。

でも生まれて半年を過ぎた頃から永久歯に生え変わりがスムーズにゆかずに大きくなっても乳歯が残ってしまう場合など、お口の中っていろいろとトラブル起こす場所でもあります。

特に歯周病は当病院でもご相談を受ける病気の代表的なものです。

「口臭が気になる」「最近、くしゃみや鼻づまりがひどくて」
そんなときも歯周病が原因の場合があります。

歯周病治療には、まずは歯石を取る処置をします。
その後は、新たに歯石がつかないようにできれば歯磨きをされることをお勧めします。

歯磨きができない子には、酵素入りの歯磨きガムや、液剤の歯石防止剤がありますので、ご相談ください。

歯周病対策には、歯磨きが大切です。
歯磨きはできれば生後6ヶ月ぐらいから始めた方がいいですが、大きくなってからでも歯磨きトレーニングは十分できます。

お気軽に、ご相談ください。

投稿者 千里どうぶつ病院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■電話番号
072-737-8511

■住所
大阪府箕面市船場西3-8-8 千里プラザビル1F

■受付時間
【月 ~ 土】9:00~12:00/15:00~19:00
【日・祝日】9:00~14:00
※火曜日は休診日となります。

お問い合わせ 詳しくはこちら