スタッフブログ

2014年8月10日 日曜日

頸椎の椎間板ヘルニアについて


頸椎の椎間板ヘルニアのご紹介です。

頸椎椎間板ヘルニア

犬の椎間板疾患と言えば後肢の麻痺が起こる
腰の椎間板ヘルニアがまず浮かびます。

しかし首の椎間板ヘルニアも意外と多く、
犬の椎間板疾患の約15%程度を占めるとされております。

症状としては、硬直した歩き方(木馬様歩様)、頭を動かす/触られるのを嫌う、
頭を低く構え首や肩に力が入りつらそうにしている等の痛みによる症状が多く、
麻痺や不全麻痺は、腰部に比べるとかなり少ないです
(罹患動物の10%程度と言われています)。

また、しびれや麻痺が出ているほど、治りが悪いともいわれていますので
注意が必要です。

治療としては、痛みをやわらげる内科療法と原因物質を除去する
外科療法があり、症状や治療に対する反応で決定します。

首には、気管や食道、頸動脈、神経などの重要な組織が集中しています。

手術はやや難易度は高いものの、改善率は非常に高いので、
痛みに苦しむ生活を余儀なくされ、内科療法に良い反応が見られない子には
価値あるものと考えています。

グレード分類
1.首、腰が痛い
2.手足のふらつきがある
3.起立できない、立たせてあげても歩行できない
4.排尿排便が自分の意思で出来ない
5.足先の骨の痛みがわからない(深部痛覚消失といいます)


内科的治療で経過を観察するのはグレード1と2の段階です。

グレード3以上は外科治療(手術)を考えますが、
発症直後は内科的治療後半日でチェックし改善傾向がわずかでも
認められるなら、さらに半日経過観察します。

グレード3でも内科治療に反応せず、ある程度の期間がたった場合は
外科治療を考慮します。

低グレードからグレード4もしくは5に悪化したり、グレード4もしくは5が内科療法に
反応なければ、なるべく早期に外科治療を考慮すべきと考えます。

特にグレード5なら、発症後36時間以内に外科治療を行い
圧迫を開放してあげないといけないとされていますので、
発症時期と受診時期によりますが、内科的治療に改善が見られないなら、
即時の手術が必要となります。



外科治療(手術)について

MRI、CT、脊髄造影等の検査により、脊髄神経が圧迫を受けている場所を確定し、
手術によりその部位の圧迫を解除します。

背骨の一部を削り、神経を圧迫する椎間板物質を取りこぼしなく、
きれいに除去します。

脊髄神経を圧迫する椎間板物質はもちろん、
癒着や部分的な炎症の原因となる為、
脊髄から分枝する神経根という細い神経の周りもきれいに除去します。

当院では頸部、胸部、腰部いずれの部位の手術も可能です。

術後のリハビリ

手術後は状態に応じリハビリを行います。

手足の曲げ伸ばしや、過重負荷などを行い、神経の機能回復をはかります。



症例

症例①

ミチュア・ピンシャー、5歳

症状:今朝から歩き方がなんとなく違う。体の痛み。
夕方には立ち上がるのもやっとの状況。
神経学的検査、MRI検査の結果、第3-4頸椎の椎間板ヘルニアと診断。
グレード3


症例②

ミニチュア・ダックスフント、13歳6か月

症状:1週間前からのふらつき、脚のもつれ、うまく立ち上がれない。
神経学的検査、MRI検査の結果、第3-4頸椎の椎間板ヘルニアと診断。
グレード4

治療としては、2例とも神経症状のグレード分類と、お薬に対しての
治療反応が乏しかったので、手術を選択しました。

手術は、ベントラルスロット法といわれる、喉側からのアプローチにより、
飛び出した椎間板物質を除去しました。

飛び出している椎間板物質の硬さや性状は、個々の症例によって異なり、
それにより、手術方法も若干、改良します。

MRI検査により事前予測はできていましたが、症例①のミニチュア・ピンシャーは、
粘液状の逸脱物が神経を圧迫し、
症例②のミニチュア・ダックスフントでは、硬い椎間板物質が飛び出していました。


2例とも、脊髄神経を圧迫する椎間板物質はきれいに除去でき、
数日のうちに症状は緩和し、現在では元気に歩いてくれています。


イヌの椎間板ヘルニアは、ヒトと異なり、急性に症状が進むことがあります。

上記のような症状がありましたら、お早めにご相談ください。

投稿者 千里どうぶつ病院 | 記事URL

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る

■電話番号
072-737-8511

■住所
大阪府箕面市船場西3-8-8 千里プラザビル1F

■受付時間
【月 ~ 土】9:00~12:00/15:00~19:00
【日・祝日】9:00~14:00
※火曜日は休診日となります。

お問い合わせ 詳しくはこちら