ホーム > 去勢・避妊手術

犬猫の去勢・避妊手術

わんちゃん・ねこちゃんに関するこんなお悩みありませんか?

わんちゃん・ねこちゃんに関するこんなお悩みありませんか?

マーキングが困る・・・
メスやオスを見たときに発情兆候で興奮したりイライラしたりする・・・
しつけに困っている・・・

患者さんの悩みで多いのは、縄張り意識から来るマーキングが困るということ。あとは、異性であるメスやオスを見たときの発情兆候で、非常に興奮したりすることがあり、避妊手術によってそのような状態を抑えることができます。また、無駄な性欲と競争意識、縄張り意識が少し和らぐので、性格も温和になりやすいのです。しつけ等に関しても、性欲関連のイライラがなくなるので、集中しやすくなりもします。
また、発情出血後に現れる、想像妊娠でも体調を崩しやすいです。元気がない、食欲がない、などです。不妊手術により、このような負担がなくなります。


当院で去勢・避妊手術をお勧めする一番の理由は病気の予防です。
オスであれば睾丸、精巣の腫瘍、前立腺の病気やおしり周りの腫瘍を、メスであれば乳がんや子宮の病気が高い確率で予防できますので、若くて健康なうちに済ませておくことをお勧めします。そういった性ホルモン関連の病気は、高齢になってからの病気なので、体力的な心配と全身麻酔のリスクが高まります。ですから、リスクの高くない若いうちに済ませておいた方がいいでしょう。
望まれない子どもができるのを防ぐために手術をするケースもあります。特に猫の場合は多いです。猫の繁殖力は高いので、望まれない命が生まれてくるのを防ぐということ、野良猫を少しでも減らそうということで、そういった観点からの避妊手術、不妊手術という依頼が多いです。
動物を飼い始めた方で、その動物が若く、健康で、繁殖を希望されない場合にはメリットの方が大きいので、積極的にお勧めしています。

千里どうぶつ病院での去勢・避妊手術

痛みの少ない手術、最小限の傷口で手術
当院では、極力大きな傷は作らずに、内臓、胃腸や膀胱などをできるだけ傷めないように、刺激しないように、いかにやさしく取り扱うかをコンセプトに手術を行っております。
臓器の扱いはもちろん細心の注意で生体を傷めないように、負担が掛からないように扱っています。使用している手術用の縫合糸も、現時点で一番優れていると言われている縫合糸を使っています。
また、術中・術後の鎮痛治療(ペインコントロール)にも力を入れており、さまざまな痛みどめのお薬を用いながら、体への負担を軽減しております。

ただし、皮膚に関しては抜糸が必要です。その方が傷の治りがきれいなので、その場合は1週間から10日後くらいに抜糸に来ていただいています。

野良猫ちゃんなど、どうしても再来院が難しい場合には、抜糸しなくてもよい縫合方法をご提案します。

去勢・避妊手術の年齢について

犬や猫の去勢・避妊手術は何歳でもできなくはないです。麻酔に関係する心肺機能や、肝臓、腎臓等の内臓機能に問題がなければ何歳になってもできます。
ただ、メスの場合は、乳がんについては2歳までに手術をした方が高い確率で予防できます。
これは犬猫どちらについても同じで、初回の発情が来る前に済ませれば、ほぼ100%予防できると言われています。

術後の注意点

術後の注意点

術後に飼い主の方で気を付ける点は、

元気があるかどうか
食欲
おしっこやうんちの様子


など、日々の様子がどうかということを当院では注意していただいています。あとは、数日分ですが、痛み止めと化膿止めの薬を飲んでいただくようにしています。去勢、避妊とは言っても、手術でメスはいれています。特にメスの場合はお腹を開けていますから、抜糸までは少し安静に、ゆっくりと過ごしていただき、激しい運動は控えてください。

アクセス


大きな地図で見る

■電話番号
072-737-8511

■住所
大阪府箕面市船場西3-8-8 千里プラザビル1F

■受付時間
【月 ~ 土】9:00~12:00/15:00~19:00
【日・祝日】9:00~14:00
※火曜日は休診日となります。

お問い合わせ 詳しくはこちら